『感動企業視察:東海バネ工業様ベンチマーク』(日本区6月例会)

『結婚祝金100万円』
『出産祝金100万円』(第4子)

という話を夏目社長がした瞬間、会場に衝撃が走りました。

視察参加者から、

「転職してもう1回結婚しようかな」

「子づくりがんばろうかな」

なんて声がちらほら。

「2回目の結婚では出ませんから」

「すぐに離婚したら返金してもらいます」(笑)

そりゃそうだよね~
ですが、こんな衝撃の福利厚生を実現している中小企業が、
大阪にあります。

東海バネ工業株式会社。
バネを専門に製造・販売している会社です。

もともとは、

「バネというありふれた部品をつくっている」
「競争が激しい」
「製造現場は過酷で3K職場の代表」

で、福利厚生もへったくれもない、会社の存続すら危うい、
という会社だったそうですが、この30年で見事に変貌。

東海バネ工業大阪本社を視察し、

「どんなふうにいい会社をつくってきたのか」
「そしていまどんな経営をしているのか」

・現社長の夏目社長
・先代社長の渡辺顧問
・そしてステキな美人社員3名様

から、直接お話を伺いました。
ご紹介します!

~~~~~~~~~~

●単品生産の道

創業時は先発のばねメーカーが多数存在。
数量が多くまとまった案件はなかなか来ない。

「まともにやりおうてたってアカン。
吹き飛ばされずに、こっちの存在を知ってもらうようにせなアカン。」

先発のバネメーカーが避けて通るような、1ロット1個、2個のばね屋の道。
それを選ぶしかなかったのだ。

●ビジネスモデル

単品のばねならどんなもんでもつくりまっせ!
の実現のために、炉や試験設備。

いつでもすぐにつくりまっせ!
の実現のために、調達まで半年以上かかるような材料を在庫。

そんな当時は、
注文をもらうために見積り額から値引きするのが当たり前の時代。

売値と原価がトントンなのも珍しくなかった。

●企業価値を高める仕組みも、つくっていく。

渡辺社長は、ばね工業会の欧州視察に参加し、そこで大きな気付きを得た。

「単品に特化したばね屋が値引きしてたら消えて無くなる将来しか無い。」

「人が嫌がる仕事は正当に評価されなければならない。
社内で汗流す人材も当社そのものも。」

「だから値引きしないでも買ってもらえる製品やサービスをつくるのだ。」

それから躊躇すること無く、
多品種微量のばねづくりに特化したビジネスモデルづくりに没頭した。

当時の中小企業に先駆けたコンピューター導入、
情報活用のデータベース構築。

国際的な品質マネジメントシステム(当時ISO9002)を
ばね業界で最初に取得。

独自性のある優れた戦略を実践し、高い収益性を達成している
企業を表彰する『ポーター賞』も受賞することができた。

●人を育む環境

バブル時代、製造業は若者たちに疎まれ、
キツイ・キタナイ・キケンの3Kと呼ばれた。

だから、若者たちには見向きもされない。
大きな声で叫ぼうが、入社してくれる者などいない。

ピカピカの新入社員なんて、夢のまた夢だった。

東海バネは、人が命。
疎まれるような環境を打破しなければ、先は無く消えて無くなるしかない。

年間売上15億円程度の時、20億円かかる新工場建設の決断をした。
それしかなかった。

「ピカピカの工場をつくろう。誰もが働きたくなる工場にしよう。」
「人材をピカピカに磨ける環境にしよう。」

「いずれ、ここに工場を建てるから、ぜひとも東海バネに入って下さい。」
と地元に声をかけると、一度に8人もの新卒者が入ってくれた。

今では毎年のように男女問わず、
四国や関東、東北からも入社してくれるようになった。

従業員個人の成長にフォーカスした人材評価、
日本一難度が高いと自負する社内技能検定、
資格取得の報奨制度など様々な人材育成の仕組みを構築。

1993年兵庫県豊岡市に工場建設用地を購入。
5次にわたる建設を行い、2013年に伊丹工場から移転完了。

さらに2016年に本社を大阪市西区へと移転した。

~~~~~~~~~~

凄いストーリーですよね。

実はこれは入江の文章力が凄いのでは全くなく(^^;
こちらのページからの抜粋です。

https://www.tokaibane.com/recruit/

続きはこちら、ご覧くださいね。

本当に、素晴らしい会社さんです。

「またいつでもいらしてくださいね」

「次回は兵庫県豊岡市の工場でお待ちしています」

「私たち3人の誰が最初に100万円ゲットするか、興味ありますよね。
だったらまた来てくださいね♪」

なんて言われると、また行きたくなりますよね。

夏目社長、渡辺顧問の話の凄さももちろんですが、
その話を嘘偽りなく、さらりと自然体で社員たちが実践している姿に、
超・感動しました。

こんな会社が日本にある!

同じ日本人がこんな会社をつくっている!

私たちだって、やってやれないわけはない!

参加された21名さま全員が、超・テンション上げて帰っていきました。

ご参加ありがとうございました。

感動の東海バネツアー、またコーディネートしますので、
またお会いしましょう!!!